5月05日(火) | オンラインブックトーク「今読みたい、フェミニズム」エトセトラブックス 松尾亜紀子さん

オンラインブックトーク「今読みたい、フェミニズム」エトセトラブックス 松尾亜紀子さん & ラブピースクラブ 北原みのり

大規模なパンデミックの今、どう思考するか、誰と語るか、何を読むか・・・これまでの生き方を問われるような気持ちになることが増えました。 そしてこのような状況で、やはり最も負担を強いられ、孤立を強いられ、恐怖や不安を強いられているのは、社会的に弱い立場を生きる人であることも明かになっています。 改めて、フェミニズムを知り、フェミニストの言葉を知りたいという思いをこめて、「今読みたい、フェミニズム」オンライントークイベントを行います。 本の選者はエトセトラブックスの松尾亜紀子さんと、ラブピースクラブの北原みのりです。オンラインZ
お申し込みの受付は終了しました。
オンラインブックトーク「今読みたい、フェミニズム」エトセトラブックス 松尾亜紀子さん & ラブピースクラブ 北原みのり

日時・場所

2020年5月05日 20:00 – 21:00
オンラインブックトーク「今読みたい、フェミニズム」エトセトラブックス 松尾亜紀子さん

イベントについて

エトセトラブックス 松尾亜紀子さん & ラブピースクラブ 北原みのり

大規模なパンデミックの今、どう思考するか、誰と語るか、何を読むか・・・これまでの生き方を問われるような気持ちになることが増えました。

そしてこのような状況で、やはり最も負担を強いられ、孤立を強いられ、恐怖や不安を強いられているのは、社会的に弱い立場を生きる人であることも明かになっています。

改めて、フェミニズムを知り、フェミニストの言葉を知りたいという思いをこめて、「今読みたい、フェミニズム」オンライントークイベントを行います。

本の選者はエトセトラブックスの松尾亜紀子さんと、ラブピースクラブの北原みのりです。オンラインZOOMウエビナーで語り合います。

有料のオンラインZOOM100人先着で行います。500円の参加費は全てフラワーデモの運営、活動費に使用いたします。

スピーカープロフィール:松尾亜紀子 (まつお・あきこ)

フェミズム出版社エトセトラブックス代表・編集者。

1977年長崎県生まれ。編集プロダクションを経て、2003年より河出書房新社に編集者として15年間勤務。ジェンダーやフェミニズムをテーマした書籍を多数担当。2018年12月に独立し、フェミニズム専門の出版社エトセトラブックスを設立する。翌年5月にフェミマガジン『エトセトラ』を創刊、創刊号は田房永子責任編集で「コンビニからエロ本がなくなる日」、2号目は山内マリコ・柚木麻子責任編集で「We LOVE田嶋陽子!」を特集して話題となる。他に同社刊行書籍は、牧野雅子『痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学』、フラワーデモ編『フラワーデモを記録する』、カルメン・マリア・マチャド『彼女の体とその他の断片』(小澤英実・小澤身和子・岸本佐知子・松田青子訳)、ヴァージニア・ウルフ『ある協会』(片山亜紀訳)。

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア