ラブピースクラブは1996年に日本で最初の女性だけで運営する

フェミニスト・セックストーイショップとしてオープンしました。

We are the first and still the only feminist own sextoyshop in japan since 1996.

7-2-2 Hongo Bunkyoku Tokyo Japan 1130033

03-5840-6455 / 0120-812-554

Mail : love@lovepiececlub.com

Web: www.lovepiececlub.com

©2019 by LOVE PIECE CLUB. Proudly created with Wix.com

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ラブピースクラブ

MARYMONDポップアップストア&トークイベント

2月15日ラブピショールームにて、MARYMOND ポップアップショップを行います!


韓国の若者たちが立ち上げたライフスタイルブランド「マリーモンド」。


声をあげて人権のために闘った「慰安婦」女性たちへの敬意と、

性暴力被害者と共にあることを表明するブランドには

BTSなどKPOPスターをはじめ、韓国中から多くの共感が寄せられています。


2018年12月からMARYMOND JAPANがはじまりました。


MARYMONDは、「慰安婦」にさせられた女性たち一人一人を花のイメージにたとえ、

彼女たちの物語を記憶するためのプロダクトを制作しています。


2018年は、戦後日本で暮らし、2017年12月に亡くなられた宋神道さんを「セキチク」の花にたとえたプロダクトが制作されました。


ふだんはオンラインショップのみでの販売ですが、実際にMARYMONDの世界観を知っていただき、手に取っていただくためのポップアップショップを行います。売り上げは全て、「慰安婦」問題の教育や、日韓若者の交流を支援する「希望のたね基金」と、韓国の支援団体に寄付されます。


この日は、18時からMARYMONDのブランドストーリーと、また先日お亡くなりになられた金福童さんの思い出を、91年から「慰安婦」問題に関わり続け、女性たちを支援してきた梁澄子さん(希望のたね基金代表理事)のお話を伺います。

ぜひお越しください。


トークゲスト 梁澄子(ヤンチンジャ) さん


【プロフィール】日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表/一般社団法人希望のたね基金代表理事

1990年から日本軍「慰安婦」問題に関わる。1993年提訴の在日朝鮮人「慰安婦」被害者宋神道さんの裁判支援をおこない、2007年にドキュメンタリー映画『オレの心は負けてない』製作。現在、韓国ソウル「戦争と女性の人権博物館(WHR)日本後援会」代表、「YOSHIMI裁判いっしょにアクション」共同代表。通訳・翻訳、語学講師。


※ポップアップストアは14:00〜20:00まで営業しています。

※トークの間はショッピングしていただけない場合もあります。